バッチフラワーレメディの使い方を解説いたします。

ようこそ i-bach.com(アイバッチドットコム)へ   今日もこころ元気に営業中!
当店では実績・信頼度No.1の英国バッチセンター、ネルソンバッチ社製の純正バッチフラワーレメディを取り扱っています。


ご注文専用フリーダイアル(TEL & FAX)  FAX注文用紙はこちら
0120-014-097 ( 携帯電話からはつながりません )

 

  バッチフラワーレメディ講座 もくじ

 

  BACH FLOWER REMEDIES 花の治療薬

BACH FLOWER REMEDIES
(花の治療薬)

バッチフラワーレメディ®は、心の中のマイナス感情やネガティブな感情に穏やかに働きかけ、感情のバランスを整え、心を平安な状態に保つことができるように働きかける(癒しの花療法)です。

日常的に抱え込んだ様々なストレスを癒し、感情や精神のバランスを整え、
自分のこころの内にもともと持ち備えている素晴らしさや自分の生きている意味の尊さを気づかせて、生きる喜びや人生にたいして新たな興味を持ち、より前向きに生きようとする力を回復させてくれる手助けをし、
限り無い可能性をひめた自分をより良い方向に生かそうとする自助努力の力を高めてくれる効果が期待できます。

レメディの効果は、個人差があります。
抱えていらっしゃる感情の質と重さによって、それぞれ働きかけかたがちがってきます。
一度レメディをおとりになられたことによって、劇的な効果を体感される場合もありますが、
すべてが一度で解決するとはかぎりません。
レメディは、多くの場合、マイナス感情にたいしておだやかに働きかけます。
一度試したが全然効かなかったよ、という場合もあります。
それは選んだレメディが問題の感情にあっていないことが原因と考えられます。
持続的・継続的にお使い下さることをお勧めいたします。

イギリスの医師であり高名な細菌学者でもあった、エドワード・バッチ博士が、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のバッチフラワーレメディを完成させました。
現在でもバッチ博士が伝えたそのままの製造法で、イギリスのバッチセンターで作られています。

発祥の地イギリスでは、数多くの臨床例を重ね、約5000店のお店で日用品の一つとして気軽に購入でき、評価が確立して、いまや世界中で愛されています。

お薬ではありませんので、全く無害で副作用や習慣性、依存性がありません。
お薬による副作用が心配な方や赤ちゃんからお年寄りまで安心しておつかえいただけます。

 

 

このページのtopにもどる

 

  バッチフラワーレメディとは何でしょう?

バッチフラワーレメディは、心の平安を取り戻したり、 ネガティブな感情に対処するための野の花や草木のエネルギーから作られた 癒しのシステムです。
バッチ博士は、病気を治すためには健康な精神が回復の鍵になる と信じ、その人の全体から病気や問題を見ていくような、 シンプルで害のないナチュラルな療法 を発見することを決意し、バッチフラワーレメディィを作り上げました。
バッチフラワーレメディィは、様々な感情や心の状態や性格のタイプに 対応しており、穏やかに心と身体のバランスを 取り戻すのを助けます。
直接身体の症状に働きかけるということはありません が、心の状態が改善されることによって、個々の人間に本来 備わっている自然治癒力がもたらされます。
バッチフラワーは1930年代に、イギリスの医師であり細菌学者でもあった、エドワード・バッチ博士によって、1936年に完成されました。
花や植物がもつ癒しのエネルギーのエッセンスで38の種類があります。
バッチフラワーレメディ® 
Bach FLOWER REMEDIES」と呼ばれています。


 バッチフラワーレメディは心や感情に働きかけます

バッチ博士は、人間の病気というものは、心の状態の不安定さが体のバランスに悪影響をおよぼし病気という形になってに出たものに過ぎず、心の状態の不安定さを改善することで病を治せるということに気付き、その治療薬として花のエネルギーを最大限に活用する方法を体系化しました。
38の種類のレメディはそれぞれ違うタイプの感情を癒すように種類分けされています。
バッチフラワーレメディはネガティブなマイナス感情に直接作用し心や感情を癒してくれます。
各レメディは、不安定で否定的なあらゆる種類のマイナス感情を洗い流すように癒し、心の奥に抑圧させている自分を開放して本当の自分を気付かせ、背負い続けてきた心の重荷をおろさせてくれます。
どのような心の状態にたいしても38種類のレメディのどれかが「心や感情を治す」手助けをしてくれます。その結果として、明るい希望を取りもどさせて、様々な困難や障害に勇気を持って立ち向かうことができる力をあたえてくれます。

 バッチフラワーレメディは自然の植物や花々から作られています


バッチフラワーレメディは自然に咲く植物や花々から作られています。植物や花々がもつ『癒しのエネルギー』を水に転写させ記憶させたものです。

花の香りや味などは一切ありません。アロマオイルのように、花の香りや匂いなどの成分が神経に作用して、心のバランスを整えてくれるのとは異なります。
植物や花々がもちあわせているエネルギーそのものが、ネガティブなマイナス感情が原因となって 人生のいたるところで出会うさまざまな困難や障害から生まれる
「深い心の傷、心の疲れ、不安や恐れ、憂鬱や落胆、嫉妬や憎悪、苛立ちや怒り、トラウマ」
などあらゆる否定的な感情や不安定な心の状態を、バランスの整った自然な状態に戻してくれます。

感情や心が穏やかに鎮められていき、おおくの気付きがと出会い、心や感情が深く癒される手助けをしてくれます。

バッチフラワーレメディ38種類のどれかに、深く傷ついた心と魂を癒し、悲しみにとざされた苦悩と絶望を救い、人生を前向きに生きる活力と楽しさを与えてくれるレメディがあります。
プラシーボ効果ではないのか? とも言われますが、一概にプラシーボ効果だけとは言えません。プラシーボ効果とは、「薬理的に効果がないにも関わらず、暗示的に反応してしまう」 という意味ですが、 バッチフラワーレメディは、赤ちゃん、子供、意識を失っている人、また、愛しき隣人の犬やネコなどの感情を持って生きているペットや動物、植物にも効果があることから、潜在的な思い込みや期待感が効果を高めているものではありません。

 

 バッチフラワーレメディは完全に無害で、習慣性や副作用も全くありません

バッチフラワーはお薬ではありません。
主成分はミネラルウオーターと水質保存材としてお料理などで使うワインビネガーのお酢が入っているだけです。

完全に無害で副作用がありません
 薬ではありませんので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことができます。
 もし間違ったレメディを選んでも、効果が現れないだけで、害や副作用は全くありません。
●  習慣性がない
  飲みすぎるということや、長期間使っているうちに効果が薄れるということはありません。
●  他の薬やセラピーと併用できる
  どんな薬や治療やセラピーとも併用できますので、普段通りの生活を続けながら 服用することができます。
  ただし、薬ではありませんので、医学的治療が必要な場合は病院へ行くことをお勧めします。

他のセラピーとの違い
● 
アロマテラピー
  嗅覚器や皮膚を通して身体に働きかけ、その結果感情にも作用します。
●  ハーブ医学
  体内のさまざまな部分や皮膚を通して、吸収され作用します。
● バッチフラワーレメディ
  まず感情に作用します。 その結果、間接的に肉体にも良い影響が出ることもあります。

 


 

 

このページのtopにもどる

 

  マイナス感情の皮むき効果

 バッチフラワーレメディによるマイナス感情の皮むき効果

バッチフラワーレメディは心の中に潜んでいるマイナス感情の一番表側の感情に働きかけ改善します。
レメディによって一番表側のマイナス感情が癒され改善されますとその感情の下に隠れ潜んでいたいままで表にあらわれていなかったマイナス感情が感情の一番の表側にあらわれてきます。
この隠れ潜んでいていままで表にあらわれていなかったマイナス感情が、新たに表側にあらわれてきますと、一見、レメディを飲んだせいで逆に精神的に不安定になったのではないかと戸惑われるかもしれませんが、これは、レメディが当初問題となっていた感情の一番表側のマイナス感情にしっかりと働きかけ、改善がスムーズに行われたことを意味するものです。

当初服用したレメディによって感情の一番表側のマイナス感情が癒され改善されましたら、今度はその新たに感情の表側に出てきたマイナス感情に作用するレメディを選び直して服用します。
このように次から次に新たに感情の表面にあらわれてくるマイナス感情をレメディによって取り除くことを繰り返していきます。そうすることによって、心の内面に秘かに隠れ潜っているマイナス感情を次から次にと癒し改善することができます。
最後に残ったマイナス感情を改善しますと、よりバランスの取れた自分とであえます。

ちょうどたまねぎの皮向きをイメージされると分かりやすいですね。
マイナス感情という皮の一枚一枚を、レメディによって表側から取り除いて行きますと、新しい皮(表側のマイナス感情の下で潜んでいた別のマイナス感情)があらわれます。そのマイナス感情を新しいレメディで剥いていきます。最後は芯に行き着きます。その芯こそがよりバランスの取れた自分です。

バッチフラワーレメディはこのような幾重にも重なったマイナス感情を取り除く働きをします。
一時的な気分や感情を癒す時は、スットクボトルで服用しますが、長期間にわたる心のマイナス感情や性格を改善するさいは、トリートメントボトルでレメディを調合して服用します。

バッチフラワーレメディはそれぞれに異なる心のマイナス感情に作用するように38種類に分類されて体系化されています。

 

 

 

このページのtopにもどる

 

  バッチフラワーレメディの選び方

バッチフラワーレメディは、レメディを必要とされる方が、自分に必要なレメディをご自身で選んで使うことが手軽にできます。
今の心の状態を癒してくれる最適なレメディに出会うためには、自分自身の心と正面から向き合い、心の中にわだかまっている否定的な感情や意識と心静かに向き合い、正直に知るところから始まります。

 自分自身を自分で癒すセルフヘルプ
バッチフラワーレメディは、 バッチ博士が、人々が自分で自分を癒せるようになることを目指したことから、 基本的にはセルフヘルプです。
自分でレメディを選ぶ時、 自分を見つめ、自分の感情に気付くという、 プロセスを通ります。
自分を見つめ直す時、そこから癒しへのプロセスは始まります。
今の自分の感情に合うレメディを選ぶためには、各レメディのマイナスの指標から、今の感情と合ったレメディを選ぶだけです。

バッチフラワーレメディは、感情の一番表側に働きかけますので、自分の感情の一番表側のネガティブなマイナス感情が何であるのかを知りましょう。
もし、感情に適さないレメディをお飲みになられても、期待した効果があらわれないだけで、副作用は全くありません。
もし、ご自身で選ぶことに不安や不確かさを覚える時は、バッチフラワーレメディについて精通したプラクティショナーから、的確な助言をいただきながら選ばれると良いでしょう。
プラクティショナーは、バッチ博士から直接継承されてきたバッチフラワーレメディについて体系的に学ぶ「バッチ国際教育プログラム」を終了し、英国バッチセンターが推奨するバッチフラワーレメディ選びのお手伝いをさせていただくカウンセラーです。

 選び方のこつ
選び方のこつとしては、自分の今の感情を見つめることです。 次のような質問を自分にしてみて下さい。
「この感情はいつ始まったか?」
ストックボトルから飲めば良いか、 トリートメントボトルを作る必要があるか分かります。
「その感情の中で1番強くて、 今の生活に影響を及ぼしているのはどれか?」
どれも当てはまりそうで選びきれなかったレメディがしぼれます。
バッチフラワーレメディは、 いま一番表面にある感情がどんな感情であるのか?に限定して選びます、 深層心理を探る必要はありません。
最も表面的で、自分で分かりやすい、ネガティブな感情 から選んでおとりください。
その感情が癒されてまた次の感情が表れたら、 それに対応する新たなレメディを選びます。
たまねぎの皮むきのように、感情がむける度に、 本来の自然な自分に、近づいていくことができるのです。

 セルフヘルプ 自分で選ぶことが基本です

バッチフラワーレメディは38種類プラスレスキューレメディの39種類があります。
どのような心の状態にたいしてもこの38種類のレメディのどれかが対処してくれます。
38種類のレメディそれぞれが、どのような感情や心の状態に働きかけ、そして効果や作用をもたらしてくれるのかを正しく知ることが、まずは必要です。
そして、いまの心や感情を癒してくれそうなレメディを選んでみましょう。

心は、さまざまな感情が複雑にからみ合っています。
38種類全てが必要に思えるかも知れませんが、今、ご自身の感情のいちばん表側にあらわれているネガティブなマイナス感情が何であるのかを知り、その感情を癒してくれるレメディを選んで下さい。

 6〜7種類まで選ぶことができます

バッチフラワーレメディは、同時に6〜7種類まで併用してとることができます。
同時に6〜7種類以上のレメディをとりますと、お互いのエネルギーが反発しあい、本来の効果が薄れてしまいます。
結果的に何の効果も得られなくなってしまいますのでご注意下さい。

また、「レスキューレメディ」は5種類のレメディがミックスされているレメディですが、他の38種類のレメディと組み合わせて使うことができます。
その際は、「レスキューレメディ」は6〜7種類のなかの一つとしてカウントして下さい。
あわせて同時に5〜6種類のレメディを選んで服用することができます。

 

 

 

このページのtopにもどる

 

  バッチフラワーレメディの服用方法


 基本的な使い方 服用のしかた

バッチフラワ−レメディは薬ではありませんので、飲み方や使いかたはとても簡単です。
2滴ずつ、レスキューレメディの場合は4滴を
レメディの入ったボトルのスポイトから舌の下にたらし、1分間ぐらい、そのまま含ませてからゆっくり飲みこみます。

服用する量と回数は、ストックボトルとトリートメントボトルでは異なります。

また38種類のレメディとレスキューレメディでも異なります のでご注意下さい。

一回にとる量
ストックボトル
トリートメントボトル
38種類のレメディは各2滴
38種類のレメディは各4滴
レスキューレメディは、4滴
レスキューレメディは、4滴

一日にとる回数

ストックボトルでもトリートメントボトルでも同じです。
朝起きた時と夜就寝前は必ずとるようにしてください。
その間は1日数回ぐらい飲用して下さい。

 

ご注意下さい!

一回にとる量を増やしましても、効果が高まることはありません。
一回におとりになる量を増やすよりかは、一日におとりになる回数を4回以上に増やしていただいた方が効果は高まります。
、緊張感や動揺がおさまり気分が落ち着くまで頻繁におとり下さい。

レスキューレメディは、大きなショックを受けたり不安感や緊張感などが高まって、すぐに落ち着きを取り戻したいときは、気分が落ち着くまで頻繁にとってください。
試験や発表会の前など、緊張感が最高潮に達する時などにも気分が落ち着くまで頻繁におとり下さい。

この量と回数は、バッチフラワーが発見されてから今日までの70年間に数多くの治療例に実証されたものです。


飲みものや料理、お酒などに混ぜても効果に変わりはありません。自由に気の向いたように使えますので、一番とりやすいかたちを選んでくださいね。
お子供様には、牛乳やジュース、スープやお味噌汁などに混ぜると抵抗感がなく飲みやすくなります。

お好きなお飲み物に入れてもOKです

直接口に含ませる以外に、
ジュース・コヒ−・紅茶・お茶・アルコールなど、お好きな飲み物に入れて使うことができます。
飲み物にいれて使用するときは、レメディをを直接飲み物に入れます。

熱い飲みものや冷たい飲み物など、飲み物の温度は、どちらでも効果は変わりません。お好みの飲み物に入れて飲んでいただけます。



スポイトの先が舌に触れないように気おつけて下さい!

服用する際に、スポイトが舌に触れてしまうことがよくあります。
舌に触れてしまったスポイトをボトルに入れますと、雑菌が瓶の中に混入して、ボトル内の水が悪くなり、白いカビなどが浮遊します。
そうなりましたら衛生上好ましくありませんので、中身は捨ててください。

舌に触れてしまったスポイトは水道水で良く洗ってから、ボトルに戻して下さい。




バッチフラワーレメディは自然の花や草木100%で作られています。化学部質、合成保存材等は一切含んでいません。体に及ぼす害・副作用・習慣性などは全くありません。
お医者さんにかかっている病気療養中の人でも妊婦さん、お年よりから赤ちゃんや子供、動植物にも安心してお使いいただけます。

 乳幼児には

水質保存剤のビネガーの刺激が強すぎる場合は、経口摂取を避けて首筋や手首にレメディーを湿らせます。
泣いてじたばたする赤ちゃんには、 唇、手首、耳の後ろなどに 直接塗ることもできます。
赤ちゃんには、ストックボトルから直接でなく、 薄めたものを、ミルクや飲み物に入れて飲ませてあげて下さい。

 意識のない人には

意識が遠のいていたり、完全に意識を失っている場合は、レスキューレメディを唇・歯茎・首や耳の後ろ・手首などによく擦り込みます。
また、意識がない人など、 飲めない状態の人には、 唇、手首、耳の後ろなどに 直接塗ることもできます。

 皮膚のトラブル アトピー・湿疹・化膿などには

10番クラブアップルを約0.5リットルの水に6滴ほど垂らして湿布したり、レスキュークりームを塗り込んで下さい。
火傷、捻挫、虫刺され、打ち身、擦傷などにはレスキューレメディを直接塗布するかレスキュークりームを塗り込んで下さい。

41.レスキュークリーム
レスキュレメディに10番のクラブアップルを加えた外用クリーム。皮膚の状態の改善に役立ちます。皮膚のトラブルに効果があります。 レスキューレメディと同様に緊急時に気持ちを落ち着かせる効果も期待できます。
レスキュークリームはレスキューレメディーと同じ5種類のレメディーに浄化作用のあるクラブアップルをプラスしています。
かゆみ、打ち身、切り傷、軽度の火傷などに効果を発揮します。

 ペットや動物のための使い方

ペットなどの動物も人間と同じように感情をもっていますので人間と同じようにお使いいただけます。
動物や植物に使う場合は、人間と同じ要領で、 水やえさと一緒にレメディを選んで与えます。

イライラして鳴き止まない時は「18番インパチェンスとレスキューレメディ」を、御主人に叱られシュンとしているときは「12番ゲンチアナ」などと、 愛しいペットちゃんがどんな感情の状態なのかよく観察してエッセンスを選んで下さい。
飲み水や食べ物に混ぜてあげてください。また落ち着かなかったり、興奮している時などはスプレーボトルで直接ふきかける方法がお勧めです。

さらに詳しい解説は、
ペットのためのバッチフラワーの使用例をご覧ください。

ペットを癒す花療法
ステファン・ポール、ジュディ・ハワード著/島田京美 訳 中央アート出版  270P 1800円
「動物をバッチフラワーでやさしく癒してあげたい」という声にこたえて、初めて書かれたペット愛好家の待望の本です。
バッチフラワ−がペットたちにとってどのように役立つのかに参考となる多数の事例や、 動物の心、行動、病気についての正しいアドバイスや、様々な実例の紹介。

ペットの心と体をいやすフラワーエッセンスレメディ
ヘレン・グラハム /グレゴリー・ヴラミス著 古武家勝宏訳
エーディーサマーズ/海苑社 143p (A5版)1500円
犬猫に限らずさまざまな動物に使えるレメディの実用本。それぞれのレメディごとに 具体的な症例があり、初心者の方にもおすすめです。
目次
1 動物の治療に用いるフラワー・エッセンス(フラワー・エッセンスとは何か?
 フラワー・エッセンスはどのようにして動物に効果を表すのか?)
2 フラワー・エッセンス要覧(アグリモニー、アスペン、ビーチ、セントリー、セラトー ほか)
3 使用法(正しいレメディーの選択方法/正しいレメディーのコンビネーション;投与法と使用量)


 植物のための使い方

バッチフラワーは、植物の生育にもさまざまなプラス効果をあたえます。

植物の生育の状態や症状に適したレメディを与えてみましょう。
症状
(1)植え替えたり、枯れかかっていたり、鉢を落としたりした緊急時の植物には、 「レスキューレメディ」を与えると回復しやすいでしょう。
(2)あぶら虫などの害虫にやられた植物には、「クラブアップル」か「アグリモニー」を与えると元気になります。
(3)切花には「ウォールナット、ワイルドローズ、レスキューレメディ」
(4) 植え換えたり弱りかけたときの成長促進には「パイン、ホーンビーム、オリーブ、レスキューレメディ」
(ホーンビームはしおれたりくたびれた、病気になった植物にエネルギーを与えます)

使い方は、バケツ1杯の水に各レメディを10滴ずつ垂らし「希釈液」をつくり、じょうろなどで普通に水やりします。スプレーボトルで直接葉っぱにふきかける方法もお勧めです。

 

 

 

このページのtopにもどる

 

  ストックボトルとトリートメントボトルの違い


レメディをおとりいただくのは、ストックボトルとトリートメントボトルのどちらかになります。
ストックボトルとトリートメントボトルのどちらを選べば良いのか、自分に最も相応しいのはどちらなのか迷うところですが、幾つかの判断が必要になります。

ストックボトルとトリートメントボトルの違いについてご案内いたします。


 ストックボトル
スポイト付きの10ml遮光ビンで、ラベルには、 国際規格のロットナンバー が記載されています。
ストックボトルは常温で保存できますが、直射日光や高音多湿を避け、 ボトルに記載されている 品質保持期限を目安にお使い下さい。
飲み物に2滴(レスキューなら4滴)たらし、 何回かに分けて頻繁にすすります。 そしてこれを、その感情が落ち着くまで繰り返します。
レメディは、最大7種類まで混ぜることができ、 飲み物は、冷たくても温かくても構いません。
口に直接たらしても良いですが、 スポイト部分が口に直接触れないように気をつけて下さい。
上司に叱られて落ち込んだ、試験に受かる自信が無い、 何だかやる気が起きない、割り込みされてカチンときた、 同じ失敗をしてしまった・・・
このような毎日の気分の浮き沈み、 一時的な感情なら、 ストックボトルから飲む方法が簡単です。
また、お風呂に入れて使う場合は、 ストックボトルから、バスタブの大きさによって、 10〜12滴くらい入れて下さい。 こちらの方法も、最大7種類までのレメディを入れられます。

 トリートメントボトル
スポイト付きの30ml遮光ビンで、煮沸に耐えるバッチセンターの特注品です。 ストックボトルを希釈するために使います。
作り方は、ミネラルウォーター を肩口まで満たし、 選んだレメディを2滴づつ (レスキューrなら4滴)入れます。 レメディは、最大7種類 まで混ぜることができます。
なるべく涼しい場所に保管し、 3週間で使い切ります。 夏は冷蔵庫で保管し、 2週間を目安に使い切ります。
1回に4滴くらいを、1日に4回飲みます。 朝起きた時と、夜寝る前の2回は特におすすめで、 それから時間を空けて2回飲みます。 もっと飲みたい人は、好きなだけ飲んで構いません。
口に直接たらしても良いですが、 スポイト部分が口に直接触れないように気をつけて下さい。
また、飲み物にたらして飲んでも大丈夫です。 その場合、飲み物は冷たくても温かくても構いません。
子供の頃から内気、ショックから立ち直れない、 人生の岐路にたっている、すぐにイライラする、 身体が弱く不安がある、潔癖症、・・・
このような 長い間持っている感情、性格的な感情なら、 トリートメントボトルを作って、ある期間使い続ける ことが必要です。
3週間近く経っていたり、新しい組み合わせで作るなら、 ボトルを水に入れ、 20分煮沸消毒して作り直します。

このような時にお使いください
ストックボトル
トリートメントボトル
一時的なマイナス感情や気分を改善したい時に、その感情や気分にあわせて選び、その場ですぐに服用します。
マイナス面の性格を改善したい時、
長期間続いているマイナス感情を改善したい時に
改善してくれる効果が期待出来るレメディを6〜7種類までブレンドして服用します。

各々のメリット
ストックボトル
トリートメントボトル
一時的なマイナス感情や気分を改善したい時に、その感情や気分にあわせて1〜2種類を選び、その場ですぐに選んで服用することができます。

また服用期間は、改善したい一時的なマイナス感情や気分が好転したら服用を止めます。
マイナス面の性格や長期間続いているマイナス感情を改善してくれるレメディを1本のボトルに、最大6〜7種類までブレンドすることができます。

一度の手間で同時に6〜7種類までのレメディを服用することができる手軽さがあります。

一回に飲む量
ストックボトル
トリートメントボトル
38種類のレメディは、2滴
レスキューレメディは、4滴
38種類のレメディは、4滴
レスキューレメディは、4滴

 

 

このページのtopにもどる

 

  トリートメントボトルの作り方

30mlのトリートメントボトル

 

 


20mlのスプレーボトル


トリートメント・ボトル(30mlのスポイト付き遮光瓶)を用意します。

その中に、ミネラルウォーターを瓶の肩口まで入れます。
○ 水道水は不純物が多いため適しません。蒸留水も適しません。
○  スーパーやコンビニなどで一般的に販売されているミネラルウォーターをお使い下さい。
○  最も適しているのは、ボルビック(Volvic)です。
○  レメディを入れる量は、 38種類のストックボトルからは2滴。レスキューレメディからは4滴。

コンビニスパーで手に入ります。ボルビック(Volvic)

 

何種類ものエッセンスを同時に使用したいときや長期間続けてレメディを服用したい時、トリートメントボトル(調合ボトル)をつくると経済的で便利です。
1本のボトルに6種類から7種類までブレンドできます。
6〜7種類以上のレメディをブレンドしますと、本来の効果は期待できなくなりますのでご注意下さい。


トリートメント・ボトルは、
一回4滴、一日4回の量と回数で使いますと、約3週間前後で使い切れます。

トリートメント・ボトルに含まれたレメディそのものは、ストックボトルのレメディと同様に、時間経過とともに変質することはありません。
レメディは、花々のエネルギーを水に転写したそのものですので、保存状態に問題が生じてミネラルウォーターが変質しない限り、転写した花々のエネルギーが変化することはありません。

ただし、ボトル内のミネラルウォータ−は、保存状態が悪い場合は、変質いたしますので、ご注意下さい。


 

 


  トリートメント・ボトルを新しく作り直す場合

今まで使ったトリートメント・ボトルを再利用して、全く新しいレメディの組み合わせを作る時は、
今までのレメディのエネルギーが、トリートメント・ボトルに残っていますので、エネルギーをニュートラルの状態にする必要があります。
また、これとあわせて衛生的に雑菌を取り除く効果を兼ねて、煮沸消毒をいたします。

煮沸消毒の方法

スポイトのシリコンゴム部分をグッイと斜に力を加え、外します。
瓶とスポイトを水から沸騰させて約20分間、煮沸消毒します。
(トリートメントボトルの瓶は何度でもリサイクルして利用できます。)

 

このページのtopにもどる
  バッチフラワーレメディご使用にあたってのご注意

バッチ フラワーレメディは医薬品ではありません
心の中のマイナス感情のバランスを取り戻すことにより、身体的な症状が改善することはありますが 、医学的な治療の代替とはなりません。
医療行為に代わるものではありません。
医学的な治療・投薬等については必ず掛かり付けの医師の指示に従ってください。
当研究会はバッチフラワーレメディを使用して生じた損傷や負傷等の事故やトラブル、その他についての一切の責任は負いかねます。これらを十分にご理解の上、ご使用下さい。

 

 

このページのtopにもどる


  信頼の証


バッチ博士のロゴサイン

花のロゴマーク

当店で取り扱うバッチフラワーレメディTM は、英国バッチセンター・ネルソンバッチ社で製造された純製品の日本仕様のワインビネガータイプとなります。
純製品のバッチフラワーレメディTMには、バッチ博士のロゴサインと花のロゴマークがあります。品質と信頼の証明です。


  お問い合わせ窓口一覧

ご注文専用フリーダイアル
0120-014-097
携帯電話からはつながりません
お問い合わせご相談専用電話
090-1613-3318
(午前10時〜午後5時)
FAXからのご注文
FAX注文用紙 に進む
メールでのお問い合わせ
お問い合わせメールに進む
レメディ選び無料相談
レメディ選び無料相談に進む
パンフレット無料進呈
パンフレット無料進呈に進む

 
  お買い物ガイド
大切な商品のお届け・お支払い方法

クロネコヤマト代引
 
商品配達時に配達のドライバーに直接お支払い下さい。
クロネコ@ペイメント
 クロネコ@ペイメントはクレジットカード決済。
 携帯メール、フリーメールでのお申し込みはできません。
 クロネコヤマト代引、クロネコ@ペイメントのご利用手数料は
 お客様負担となります。
クロネコヤマト宅急便で郵便振替
 郵便振替手数料は無料。
 郵便振替は商品到着後より7日以内にお支払いいただく後払いです。


  梱包送料
 10.000円未満     一律600円
 10.000円以上     無    料

  SSL対応機能ショッピングカート

当店のショッピングカートは、
お客様のプライバシー情報保護のため、SSL暗号化通信を実現しています。安心してお買物をお楽しみいただけます。