更年期・更年期障害のためのレメディ


更年期更年期障害とバッチフラワーレメディ

女性なら避けては通れないのが更年期です

バッチフラワーレメディは副作用や習慣性や依存性がない自然療法です


 更年期とは?
女性なら誰もがみなさん程度の差はありますが必ず経験して通過しなければならないのが更年期です。
卵巣のはたらきが徐々に衰えはじめる時期から、停止するまでの期間に訪れます。
個人差がありますが、閉経を迎え、生殖機能を担う卵巣ホルモンの分泌量が大きく変化しはじめる前後数年(40〜55歳頃)の期間で、その前後の約10年間に更年期症状がでます。
更年期障害の根本的原因は、女性ホルモンの急激な減少にあります。
月経不順が始まるのと前後して、女性ホルモンの低下で体調にも大きな変化が訪れます。
更年期障害の症状の出方には、個人差があります。
更年期障害の症状が必ず顕著(けんちょ)に出るとは限りません。中にはまったく自覚症状をなにも感じないまま過ぎてしまう人もいます。
一方、体調を崩してどうにも辛くて仕方がないほどの症状が出ることもあります。
そのように辛さや苦しみがある場合は「更年期障害」「更年期不定愁訴(不特定な訴え)」といわれています。
 更年期障害の症状
女性ホルモンが低下するとともに閉経してまず現れる生理的症状には、
顔のほてり、汗をかきやすい、発汗、動悸、腰や手足の冷え、のぼせ、めまい、しびれ、頭痛、耳鳴、全身倦怠感、
などの問題があります。
女性ホルモンの低下と直接的な関連が少ない症状、精神神経症状といわれる情緒面での症状には、
イライラする、憂うつになる、悲哀感に襲われる、不安感が強まる、夜眠れない、興奮しやすい、神経過敏がちになるなどの問題があります。
 更年期障害の治療
相応の年令に差しかかり更年期障害かな?という症状が自覚され始めましたら、それに応じた対処がひつようです。
更年期障害の治療として多くの場合、女性ホルモンの補充、自律神経薬、向精神薬、漢方薬などが用いられます。
情緒面的な自覚症状が強い心因性には、心理療法などもあわせて併用されます。
 生活上の注意
心と体をゆっくり休めることが大切です。
判断力が低下することがありますので、物事をあせって解決したり、とっさの判断をしなければならない状態をさけるようにこころがけます。

 他の療法やお薬との併用

お医者様から処方されるお薬や民間薬などと併用しても差しつかえありません。
症状に改善を計るために、他の自然療法を試される場合は、副作用のない安全な療法を選びましょう。
バッチフラワーレメディは、お薬ではなく自然の草花から抽出したエッセンスですので、お薬の副作用が心配のかたにも、副作用の心配がありませんので安心してお使いいただけます。
 バッチフラワーレメディで更年期、更年期障害を乗り越える助けになりますか?

バッチフラワーレメディは、お薬ではありませんので医薬品のように脳内の神経伝達物質の働きを整える作用はしません。
医学的な治療の代替えには決してなりませんが、バッチフラワーレメディによって心の病を引き起こす大きな原因の一つとして日常的なストレスからくる不安、恐れ、悲しみ、怒り、嫉妬、憎悪、自己憐憫感、無気力感、憂鬱な気分などのネガティブなマイナス感情を、早い段階に改善することができます。
ストレスで緊張した心の状態を軽減したり改善したりすることで、更年期障害と闘う心と身体をより健康的なものに、回復することができると考えられます。

バッチフラワーレメディは更年期障害の苦しみからくるストレスやマイナス感情そのものに直接働きかけ、感情のバランスを整える働きかけをいたしますの。



 どのレメディを飲むと良いのでしょうか?

更年期障害の心と体におきるおおきな変化を少しでもスムーズに受け入れ、乗り超えられるように働きかけてくれるバッチフラワーを選んでみましょう。
バッチフラワーは更年期に特有の症状をおこす更年期障害の情緒面の「イライラする、憂うつになる、悲哀感に襲われる、不安感が強まる、夜眠れない、興奮しやすい、神経過敏がちになる」などの不安定になりがちな感情やストレスを癒し、心や感情のバランスを整えてくれる効果が期体できます。
バッチフラワーによって感情や情緒面を癒し、症状を和らげ改善することによって、生理的症状の
顔のほてり、汗をかきやすい、発汗、動悸、腰や手足の冷え、のぼせ、めまい、しびれ、頭痛、耳鳴、全身倦怠感

などを結果として和らげ改善することが期体できます。

バッチフラワーには、あらゆる感情に対応できるように38種類のレメディがあります。
いま一番表側にある感情がどのような感情なのかを見定めてください。
不安感でおびえている、恐れの意識が強い、悲しみが消え去らない、怒りの気持を押さえられない、嫉妬心や憎しがいっぱい、何で自分だけがこんな辛い目にあうのと自己憐憫におちいっている、何をしても無駄だよと絶望感や無気力感で何もする気が起きない、憂鬱な気分が晴れないなどなどのネガティブなマイナス感情がありますか?
それらの感情を改善して癒す働きをもつレメディを選んで飲みます。
感情が一つではない時は6〜7種類までのレメディをトリートメントボトルに調合してとりましょう。
お飲みになられてから感情の変化にあわせて別のレメディを選んでいきます。

 どのレメディも自分には必要に思えるのですがどうしたら良いのでしょう?

バッチフラワーレメディは、一番表側の感情に働きかけますので、深層心理をさぐって心の奥底にある感情がなんであるかと、難しく考えたり探っていく必要はありません。
もし選びきれない時は、当店のスタッフにご相談下さい。
ご相談窓口は2つあります。
レメディ選び無料相談室 ここをクリック
  匿名での相談に応じています。
レメディ入りトリートメントボトル質問票 有料相談室 ここをクリック
  現在の心の状態を改善することが期待できる適切なレメディをお選びして、レメディ入りトリートメントボトルをお渡しします。

 

更年期、更年期障害の緩和、改善が期待できるレメディ

レメディ名をクリックしますと詳しい説明になります

 33.ウォルナット
心や体の変化にスムーズに順応させてくれる働きかけをしてくれます。
更年期障害があらわれた体の変化に戸惑いを感じながらも受け入れがたい気持ちを強めることによって、ストレスを溜め込んでしまいます。
ストレスを溜め込むことによって、肉体にも良くない影響を及ぼし、意図しない病気を併発する要因にもなりかねません。
精神的にも体の変化をスムーズに受け入れ順応することが必要です。
 10.クラブアップル
些細なことが気になり、神経過敏、神経質になりがちな心に働きかけます。
心とからだを清浄する働きもあります。
 20.ミムラス
更年期障害があらわれ、症状がさらにひどくなるのではないか、他の症状もあらわれるのではないか?
・・・ などと心配や不安感が増して動揺してしまいがちな心に働きかけ、心の落ち着きを与えてくれます。
内気さや小心さにも働きかけ、尻込みしそうな心に勇気を与えてくれます。
 21.マスタード
ふっと、憂うつになったり、悲哀感に襲われもの悲しい気分が心を占領してしまう時に手助けしてくれます。
マスタードは心を安定させ生きることの喜びを取り戻してくれます。
 17.ホーンビーム
全身に底知れない倦怠感がただよい、やらなければならない家事や仕事を目の前にしても、一向に何もかもやる気が起きない時。
精神的な疲労感に働きかけて、失ってしまったバイタリティとやる気を回復させていきいきとした心が戻ってきます。
 19.ラーチ
更年期障害になり、何事にも自信が無くなり新しいことに挑戦してみることすらためらいがちになる心に自信を取り戻してくれます。
本来の自分自身の素晴らしさに気付かせ、持てる能力を発揮して人生を満足の行くものにする助けをしてくれます。
 23.オリーブ
夜、眠ろうとしてもほてりがおさまらずなかなか寝付かれない。
また発汗がひどくしばしば起きてしまいがちなときは、睡眠不足に陥り肉体的に疲れてしまいます。
オリーブは心身共に疲労困ぱいしてエネルギーが枯渇した状態に働きかけ活力を取り戻す手助けをします。
 12.ゲンチアナ
更年期障害の自覚症状を認めることは、肉体的な老け始めを知ることになり精神的に落ち込みやすくなります。
現実の状況に落胆して気持ちが動揺してくじけやすい心にはたらきかけてくれます。
 29.スターオブベツレへム
あらゆる肉体的・精神的・感情的なショック状態を和らげ癒すことができるレメディです。
更年期障害があらわれてしまったことのショックにはたらきかけますので、ショックが大きなストレスとしになることを防いでくれます。
またトラウマからの解放を助けます。人生において波乱万丈に体験したさまざまな精神的ダメージから解放してくれます。